リビングがゴチャゴチャな状態で、やや放心状態の、しんげんです。

 

もうちょっとなんとかしないと、㊺にいる生体の引越しに支障が。。。orz

もう引き返せないんで嫁さんの実家から帰ってきたら即掃除です。

 

そう、もう引き返せないの。

 

第二弾とーちゃーく!

 

本日届いたのは『例のアレ』です。

 

 

 

IMG_20150430_232150

 

さんの  皆さんご一緒にご唱和ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20150430_230436

 

小杉かいっ!w

 

すみませんm(__)m

 

間違えました。

 

よく、芸能人の追っかけとかしてる娘のことね

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

ミーハー!

 

 

ごめんなさい、こんなことしか思い浮かばなかった^^;

 

こんな紹介でレッドシーさんに申し訳ないんですが

 

今日来たのは

 

 

 

IMG_20150430_232555

REEFER170

 

ホワイトじゃないのは、少しでも安くしたかったから。

6,000円あれば、いいサンゴが買えますもの。大きいです。

 

いや、こうして見ると、ブラックも捨てたもんじゃありません。

イカす。  イカハカッテナイケド

 

明日、ちょっと早いので

詳しいレビューは、また今度やります。今日は軽く。

 

IMG_20150430_233021

 

REEFERの特徴として、キャビネットの蓋と面一に

水槽があるんで、見た目はスッキリ!

ですが、その分、水槽底面は少しはみ出てることになります。

 

はみ出る水槽底面を少しでも少なくする為に

 

IMG_20150430_233310

 

前面のガラスだけ10mm厚なんです。

ほかは8mmです。

なーので、意外と重い。。。

 

水槽サイズも、600×500×500と奥行きだけ見ると

うちの900ofよりデカイんで、そこも影響してるんでしょう。

 

自分で運びますよぉ。っていったら

河野てんちょさんが、意外と重いんで配達しますよ。って言った

意味がよくわかりました^^;

 

設置〜クーラー、ポンプの接続までやって頂きました。

ありがとうございます!

今回はライブロックもまだないんで、レイアウトは自分で頑張ります!

 

そして、濾過槽もIMG_20150430_232752

 

ガラスなんですねぇ。

しかも、8mmっすよ!\(◎o◎)/!

 

うちの45水槽よりガラス厚いって^^;

この濾過槽自体が、飼育水槽みたいで高級感バリバリです!

 

確かにお値段お高いかもですが

自動足し水もついて、かっこいいキャビネットもつき

この大きさの水槽なら、納得のお値段です。

 

まっ、ぶっちゃけフランジがないってのは。。。。ですが

せめて蓋くらいつけてくれても、よろしくなくて!?レッドシーさん!

 

樹脂加工業者ですから、蓋はつくりますけど

一般の人は。。。ね?

セカンドロットでお値段があがるんですから

それまでに蓋は付属できるよう検討してもいいと思いますね。

 

飛び出しもそうですけど、地震大国日本で売るなら

そこは重要でしょ。

利益のことばっか考えてちゃダメよ!

販売店さんなんか、一生懸命利益度外視でサービスしてるんですから!!!

 

 

っと、話が違うところに飛んじゃったんで、今日はこれまで。

 

設置後、明日出掛ける前に80L分の海水作るためのRO水は仕入れました。

ライブロック、ライブサンドを調達した足で残り80Lを

空いたタンクに入れて持ち帰れば、砂入れて、80L海水入れて、

ライブロック組んでる間に残り80L出来るでしょう。

 

これで2日からお出掛け出来るってもんです。

生体移動は、5日だな。

 

 

え?ベルリンシステムも、何週間か生体入れないものなの?

その考えは、もう古いwww

 

そう炭化綿があればね@apple風www

 

じゃ!

 

 

 

The following two tabs change content below.
しんげん

しんげん

アクアリウムを2014/05から始めたばかりの、しんげんです。 千葉県で樹脂、ゴムの加工業を営んでおります。 家族構成:妻・娘(5歳・7歳)・ちわわの4人+ワン!家族ですw 趣味は、アクアリウム、サッカー観戦、ゴルフが好きですが 海水槽に大ハマリで、ゴルフはお休みしております。 現在、水槽は金魚水槽×2、水草&熱帯魚×2、45海水槽、90OF水槽 の計6個を管理してますが、こちらのブログでは 90OF中心の海水槽について配信していこうと思います。 5歳と7歳の娘2人を相手にしながら、お水の奥深さに 一喜一憂してる、毎日です(^^ゞ