急な体調不良で、どこまで書いたか忘れた、しんげんですヽ(´Д`;)ノアゥア…

ちょっとした若年性アルツハイマーですw

だれ!そこ!

『老年の間違いだろ。。。』

とか思った人!w

なーんてくだらない事かいてるから、また忘れちゃったじゃないですかっ!ヲヒヲヒ

 

じゃ、忘れないうちにいってみよー!w

ちなみに途中経過の画像はありませんよぉ。

 

生体捕獲の為に取り出したライブロックの内

何個か使って、ハタゴと今回飼いたい生体のためのエリアを区切りました。

 

飼いたい生体とは、チンアナゴ!

そう、それであんなに砂が必要だったんですね〜。

しかし、ハタゴは水槽底のガラス面に活着してるので

無理に取り出そうとして、根元を傷付けたくなかったのと

他に移動されても困るんで、ノータッチ作戦です。

何時間掛かるかも分からなかったんで、外部濾過や

海道達磨も止めません。

 

ただ平均的に砂を厚くしても面白くないんで

IMG_20150117_143704

 

傾斜をつけてみました。

奥の方にATIの砂、手前側に#3。

ATIの砂と♯3の粒の大きさが、よく分かりますね。

 

3cm程敷いて、一段目ライブロックを置いて

砂の流出を止められるか?確かめながら。。。。。。

 

って、濁って見えねぇ。。。。。Orz

まぁおよそ想像はついてましたがねw

ハタゴノタメデス、シカタナイノ

 

ライブロックは新聞紙に並べて置いてあるんで

頭の中で組みながら、見えない水槽に突っ込み

手探りで隙間を確認しながら組んでいきました。

 

奥に高く敷いた砂が手前に流れ込まないように

枝状ライブロックが来るまで、仮置きした時のレイアウトは、こんな感じです。

 

IMG_20150118_092746

もう、これでいーんジャマイカ?w

 

IMG_20150118_092258

ちょっと弄ってみたり。。。

色々試しました。

ライブロックを、あーでもない、こーでもないって

弄ってる時が1番楽しかったりします。

さっきの左サイドの画像と比較すると

 

IMG_20150118_092507

 

雲泥の差w

 

ハタゴが事故に合わないように、ヒーターや、吸込口の

手前にもライブロックを置きました。

達磨の吸込口は、今まで事故にあってないんで、そのままに。

 

この時点で朝の6時でしたorz

いろいろ片付けて、枝状ライブロックが届くのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

寝落ちwwww

 

ありがたいことに黒猫さんが、遅めに来てくれたんで

4時間寝れました。

 

もうここまで来てれば、あとは楽勝。

 

出来上がったレイアウトが、こちら。

 

IMG_20150117_172348

 

ちょっと枝状ライブロックがイメージと違って太くて大きかったのは

誤算でした。

太くて、おっきいのが好きなのは、嫁さんだろ?wwwwww

チンアナゴを飼うと伝えてたんで、気を利かせて

がっちりしたのを送ってくれました。

砂が崩れちゃうものね。

 

ん〜、でもこのレイアウトは不満だなぁ。

え?土管? フジツボ?

 

IMG_20150117_143955

 

こっちの生体は、チンアナゴが落ち着いてから。

 

 

The following two tabs change content below.
しんげん

しんげん

アクアリウムを2014/05から始めたばかりの、しんげんです。 千葉県で樹脂、ゴムの加工業を営んでおります。 家族構成:妻・娘(5歳・7歳)・ちわわの4人+ワン!家族ですw 趣味は、アクアリウム、サッカー観戦、ゴルフが好きですが 海水槽に大ハマリで、ゴルフはお休みしております。 現在、水槽は金魚水槽×2、水草&熱帯魚×2、45海水槽、90OF水槽 の計6個を管理してますが、こちらのブログでは 90OF中心の海水槽について配信していこうと思います。 5歳と7歳の娘2人を相手にしながら、お水の奥深さに 一喜一憂してる、毎日です(^^ゞ