『へそ出し、ノーバン投球』という記事タイトルを見つけ
へそ出し、ノーパン投球と見間違えた、しんげんです。
えぇ、まんまと思惑通りってやつですが、なにか?

 

IMG_20150318_105637

麻酔リスクが、通常よりも高かったのですが、無事帰ってまいりましたm(__)m

お約束のエリザベスカラーですが、なんで「ザビエルカラー」と言わなかったのか

甚だ疑問ですw

 

IMG_20150318_105927

 

男の気持ちは、男にしかわからんよな?ゆーた。わかるぞ、わかるぞ!ゆーーーーたーーーーー!!!(T_T)/  オレハマダアルケドナ

 

IMG_20150318_110853

それにしても引き取るだけで、1時間も待たされたわ。。。

切り取った、肝臓の一部は現在生理検査に行ってます。結果がどうでるか・・・。

 

 

さて、今日は、殺菌灯について。

45外部水槽も、90OF水槽も、ネワミラー9Wを使っております。

ポイントは、ただ一つ!

 

UV管以外、部品交換がいらない事

 

 

他の殺菌灯は、その構造上、UVが当たる部分の劣化があり

水漏れしだす事があるので、定期的に交換が必要です。

当然、劣化する前に交換することになるんですけど

まだ使える段階で交換って。。。。???

かと言って劣化して水漏れは困ります。

 

飼育してれば、そのうち忘れちゃいそうな部分でもある殺菌灯。

なーんか、じぶんだと間違いなく忘れちゃってると思うんですよね。

その点、このネワミラー9Wは、画期的な構造で

本体側に一切、UVが当たりません。

そう部品交換実質ゼロでございます。

 

またUV管も簡単に交換できるので、とても助かりますね。

部品交換となれば、繋いであるホースも外さなきゃならないし

 

『あぁ、水がこぼれちゃうのかぁ?どこ止めるんだぁ?』

 

などなど、はじめの頃は、頭ん中で???????だらけでしたねw

ちょうどその頃にネワミラー発売。

45外掛け水槽に、クーラーを付けるために外部ろ過に移行した

ついでに

『どうせなら、接続するには一回で済ませたい』

と思って、ネワミラーを導入したのでした。

 

流量調整も出来ない外部ろ過ですが、このネワミラーだと

クーラーへの流量を落とさずに、殺菌灯を通る水流を

落とすこともできます。

 

不具合が出ない中で、UVが当たる水はなるべくゆっくり流したいですからね。

この機能は願ったりかなったりです。

 

45で使って、とても良かったので90OFでも導入しました。

水量200Lくらいまでは、十分いけるということだったのでね。

 

立ち上げてから2ヶ月半くらいしてから、殺菌灯の電源を入れましたが

うちの水槽で病気で亡くなったお魚は

ぜ〜ろ〜@小林麻央風

です。

十分機能してると思いますよ。

 

なんにしても、部品劣化時期を気にせずに、他の飼育環境に

集中できるってことは、とても助かります!

殺菌灯をお考えの方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 

それにしても、ホント死なないな。。。

新しい魚、入れられないジャマイカ!wwwwwwwwww

死んだら死んだで、なんでだーー!となるのに

死ななきゃ死なないで、文句を言うw

あたすってほんと身勝手ね^^;

 

IMG_20150318_194332

 

夜の時点でもph8.1をキープするようになりました。

グローテックABCによって、アルカリのバランスが良くなったのかな?

それ以外、特に変わったことしてないもんなぁ。。。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
しんげん

しんげん

アクアリウムを2014/05から始めたばかりの、しんげんです。 千葉県で樹脂、ゴムの加工業を営んでおります。 家族構成:妻・娘(5歳・7歳)・ちわわの4人+ワン!家族ですw 趣味は、アクアリウム、サッカー観戦、ゴルフが好きですが 海水槽に大ハマリで、ゴルフはお休みしております。 現在、水槽は金魚水槽×2、水草&熱帯魚×2、45海水槽、90OF水槽 の計6個を管理してますが、こちらのブログでは 90OF中心の海水槽について配信していこうと思います。 5歳と7歳の娘2人を相手にしながら、お水の奥深さに 一喜一憂してる、毎日です(^^ゞ